■調理器具: コールマン/クッキングツールケース

○  形状の異なる各種ツール類をコンパクトに収納できて便利。内容量により調節できるベルトも良い。 X   特になし 購入価格: 800円 (定価1,470円) 2006年6月、コールマン・ファミリーセールで購入。全体にカバーも付くので清潔に保管できる。包丁類を入れる場所には別にマジックテープ付きのカバーが付き安全。…

続きを読むread more

■まな板: コールマン/カッティングボードw/トレイ (容器付きマナ板)

○  カゴ(容器)も備わるが全体的に薄く、収納ケースも付いて使い勝手はとても良い。 X   「まな板」自体は華奢、スライド式の調節機能は操作感がいまひとつ。 購入価格: 1,890円 (定価: 3,465円) 2001年頃の購入。収納時にカゴのような「容器」に包丁やトングが収まり持ち運びに便利。収納性を重視してか、…

続きを読むread more

■フライパン: GSI/フライパン

○  取手が折れるので収納性が高い、安価で大型のフライパン X   焦げ付きがある 購入価格: 1,515円 2009年8月海外で購入。大型ながら折り畳める取手に魅力を感じた。直径:30cm、深さ:7.7cm。テフロン加工等はないので少し焦げ付く時があるが、やや深さがあるので中華鍋的な使い方もできると思う。上にある…

続きを読むread more

■鍋: コールマン/エンボスクッカーセットL

○  数種類の鍋類が小さく収まるので、1セットはあると便利。 X  収納ケースが鍋の取っ手の角等に引っ掛かり破れる。ストレーナーは細いパスタは通り抜け、米は詰まる。 購入価格: 8,390円(定価: 12,000) 2002年頃の購入。2つの鍋、1つのフライパンとストレーナーが、とにかくコンパクトに収納できるので出…

続きを読むread more

■ランタン: コールマン/200A 【1958/01】

○  赤いカラーと使い古された感じが良い X   錆が多く、点火時にガソリン臭が漂う 購入価格: 7,500円 2009年11月、オークション(中古)で購入。1958年1月製造。 当初自分の”生年月”と同じランタンを探していた。一度だけ出品されたものの12,000円程度まで価格が上がったので、 入札を断念。その…

続きを読むread more

■キャンプ道具リスト

①道具が増え始めた頃から、キャンプやアウトドアでの持ち物リストとしてExcelでリストを作成。 そのイベント毎に必要な物をリストアップして、次にその荷物を準備(荷造り)したかを確認。 忘れ物をなくす事ができ、事前に仲間内で持ち物を分担したりして、余計な荷物を持って行く事もなくなる。 最初の頃は撤収時のチェックリストとしても使っ…

続きを読むread more

■ライター: ユニフレーム/スティックターボ

○  ターボのライター。予備でカセットボンベが付属される。 X   特になし 購入価格: 0円 2009年秋、某雑誌の懸賞で当選。キャンプ道具としては、2008年の「ステンレスファイヤープレイスM」に次ぎ2年連続の懸賞当選商品。年末に一度使用してみたが、ターボライターは安定した火力があり、ターボならではの燃料消費の…

続きを読むread more

■保冷剤: アステージ/クールインパック350

○  薄く小型で場所を取らない、安価 X   保冷力はそこそこか 購入価格: 200円弱程度 2008年頃ホームセンターで購入。従来は収納力を考えソフトタイプの保冷剤(クール宅急便などで使用される)を多用していたが、安い本品を見つけ購入してみた。ハードタイプながら薄型なので隙間に収まり、収納にはさほど困らない。また…

続きを読むread more

■保冷剤: コールマン/アイスサブ6パック

○  クーラー内で缶をホールドする形状、そこそこの保冷力 X   容器の中が見えないため、その保冷力があまり分からない 購入価格: 368円 2001年頃購入。「パーソナル10」に缶類を入れて保冷するのに適度な仕切りとなり良い(写真下)。特に欠点はないが、クーラーボックスに食料等をギッシリ入れる場合は、この凹凸のあ…

続きを読むread more

■クーラー: コールマン/キャンバスクーラーバッグ 5L

○  様々なポケットも備わり、ちょっとした時にクーラー兼カバンとして使える X   当然ながら保冷力には優れていない 購入価格: 800円 2006年6月購入。キャンプやBBQには持っていかないが、「公園でお弁当でも」の時に使える。 ”アウトドア”ではない、カジュアルな配色が良い。 正面のポケットに加え、サイド…

続きを読むread more

■バケツ: ハイマウント/どこでもバケツ(9L)

○  小さく畳めるのがとても良い。収納ケースも付いていて、この価格 X   畳める構造故か、広げた時に少しだけ胴体部分が縮んだ状態となる 購入価格: 1,080円 2009年9月購入。ホームセンターで売られていて、少し前より気になっていた商品。 ウォータージャグの水受けとしてや、洗い物を運ぶために使っている。 …

続きを読むread more

■ランタンハンガー: コールマン/ポールランタンハンガー

○  ランタンを吊るしても、とても安定感があり、収納にもかさ張らない X   特になし 購入価格: 不明(定価: 1,470円) 購入年月も不明。「ランタンハンガー」以上に収納には場所は取らないので、キャンプには常に持って行く。 以下のように分解する事も可能だが、そのままでもランタンケース内の隙間に収まる。 …

続きを読むread more

■ランタンハンガー: コールマン/ランタンハンガー

○  木のある所なら、どこでもランタンを吊り下げる場所を確保できる X   木がないと使えない。ある程度チェーンのテンションを保ちつつ後ろで留めるのには苦労する 購入価格: 754円 2001年頃の購入。写真の左側がランランを下げる場所(細いチェーンが見えるフックの部分)。 右側が後ろの留め具部分。 「ポール用…

続きを読むread more

■ヘッドライト: Asia Pacific SALES/7LEDヘッドランプ

○  LED7発で明るい X  全体の質感がなく、つくりも頼りない 購入価格: 1,228円($12.85) 2009年8月購入。1・3・7灯と切り替えが可能。LEDのヘッドランプとしては比較的安いと思うが、 電池を入れる蓋のつくりや、実際電池が入る部分のつくりが粗末。 「メーカー?(Asia Pacif…

続きを読むread more

■ヘッドライト: コールマン/ワイドビームヘッドライト

○  安かった X   故障した 購入価格: 500円 2007年6月購入。特にヘッドライトが必要だったわけではなく、安かったので購入してみた。 現在のLEDタイプが発売される少し前に購入したので安価だったと思われる。 子供の耳掃除をする時に使ったりしていたが、あまり屋外では使っていなかった。 今年、街頭の少…

続きを読むread more

■ライト: ソーラーライト(ホワイト)

○  ソーラー充電、LED、本体を分解して運べる X   価格からくる信頼性と充電池の値段が今後の不安材料ではある 購入価格: 498円 2009年9月購入。近所のホームセンターのチラシで発見。通常は庭などの土に立てる物だが、キャンプにも使えると思い買ってみた。確か灯りがこの「ホワイト」の物と「オレンジ」があった。…

続きを読むread more

■ライト: コールマン/キャンプサイトマーカーライト[グリーン/レッド/イエロー]

○  夜間にテント/タープのロープの低い位置に付けると、子供がロープにつまずくのを防げる X   LEDながら電池の消耗は早い。取付・撤収がやや面倒になる。 購入価格: 300円/2個 2004年購入。カタログに「レッド」「イエロー」含め3色あったのは2006年まで。その後「グリーン」のみとなり、2009年には廃盤…

続きを読むread more

■ライト: コールマン/ツーバーナーライト

○  夜間ツーバーナーでの料理時に手元を程よく照らす X   故障中 購入価格: - 円 ($20.82) 2006年2月海外で購入。英語名称は「Stove light」。それまで日本にはない商品だったが、同年すぐに日本でも発売された。本体の比較的強力な磁石でツーバーナーに取付ける仕組み。手元をスポットで照らしてく…

続きを読むread more

■ライト: コールマン/RCテントライト

○  リモコン付きで寝ながらにして消灯が可能 X   故障した 購入価格: 2,604円(定価: 3,150円) 購入年不明、2002-2003年頃か。本品は2004年までカタログに掲載。当時はリモコンのない「テントライト(定価: 1,470円)」と2種類あった。翌2005年から「LEDテントライト」、2007年か…

続きを読むread more

■ケース: コールマン/ランタンケースM

○  ケースのないランタン類と細々したライトを隙間に収納でき便利 X   特になし 購入価格: 945円(定価: 1,785円) 2007年6月購入。本体のフレームは丈夫な構造だが、側面の生地は柔らかく、大型から小型のライト類を多数収納できる。 高さがガソリンランタンのケースと同程度なので、ランタン/ライト類とし…

続きを読むread more

■ライト: オザークトレイル/LEDハンギング テントライト

○  UFOのようなデザインと連発LEDによる明るさ X   全体的に質感はなく、思いのほか電池の持ちもいまひとつ 購入価格: 1,228円<$12.27> 2009年8月、海外で購入。テント内に吊り下げられるように、上部の取手にはカラビナが付属している。 電池を入れるスペースは基盤と配線が剥き出しで…

続きを読むread more

■ランタン(バッテリー): コールマン/コンパニオンランタン

○  ライトとして、ランタンとして2通りの使い方が可能 X   スイッチ部分の接触が悪い時がある 購入価格: 1,764円(定価: 2,100) 2002年頃の購入、電池式のランタンでは第1号だったか。可もなく不可もなく、現在は新しいライトに押しやられる形でベランダの灯りとして使用している。

続きを読むread more

■ランタン(バッテリー): コールマン/LEDマイクロパッカーランタン(イエロー)

○  スリムな本体、LED、黄色のカラー X   特になし 購入価格: 1,312円<$13.11> (定価・日本: 1,890円) 2009年8月、海外で購入。特に(これ以上)ランタンが必要なわけではなかったが、収納に困らない細身な形状と、電池の持ちが良いLEDに惹かれて購入。単3電池 x 3本使用。…

続きを読むread more

■グリル: コールマン/オーバルチャコールグリル

○ 木製の取手や全体にBBQらしい趣きのあるデザイン。多少の焚火や、蓋付きなのでスモークも可能。 X 分解しても収納はかさ張る。このサイズの交換用焼き網が売られているのを見たことがない。 購入価格: 2,980円(定価: 3,500円) 2001年に購入。その1-2年後に廃盤となる。BBQするなら、こんな形のモノだ…

続きを読むread more

■ランタン: コールマン/フロンティアPZランタン

○  着火も楽で、卓上を仄かに照らす時などには場所も取らず良い。収納時は付属ケースがハードタイプで安心。 X   箱に入れる時に”入れる向き”があって、よく戸惑う。マントルが専用タイプとなる。 購入価格: 3,591円(定価: 6,000円) 2006年8月の購入。現在も同名のモデルが存在するが、グローブ形状・他、…

続きを読むread more

■テントマット: キャンパーズコレクション/アルミグランドマットワイド

○  軽量、安価、持ち運びにもさほどかさ張らない。 X   薄いためクッション性は、それなり。 購入価格: 998円 2006年頃、サブのマットとして購入。ロールタイプと、この折り畳みのタイプがあったが、どちらも収納時の長さは同程度だったため、車載時の状況を考え本タイプにした。使用時のサイズは120x180cm程度…

続きを読むread more

■ランタン(バッテリー): コールマン/コラプシブルランタン

○  ハンドル部含め、収納時は非常に小さくなる。 X   明らかに光量が足りない。 購入価格: 不明 2005年頃だったか海外で購入。小さくなる所が気に入り購入したが、光が暗いため、実際はテント内くらいでしか使用できない。最近、テント内では他のライトを使用しているため、出番は全くない。 持ち運びには場所を取らない…

続きを読むread more

■ランタン(バッテリー): コールマン/2 in 1 パックアウェイランタン

○  とにかく明るい、吊るしたり懐中電灯としても使用可能。 X   重たく、あまり経済的ではない。 購入価格: -円($22.91) 2006年2月、海外で購入。明るく白い光はタープ内に吊り下げて使うのにちょうど良い。本体・上、横の取手共に頑丈にできており、ラフに扱っても壊れなさそうである。一方で本体も大きく、単一…

続きを読むread more

●製作: 写真立て

キャンプ場沿いの川に落ちていた流木を使って写真立てを製作。 部材: 400円 程(木工ダボ+コルクボード) ・流木の表皮をナイフで削り、鋸でフレームサイズに切る。 ・切った流木にドリルでダボ径サイズの穴を開け、フレーム4本を組み立てる。 ・フレームサイズにコルクボードを切り、裏から二箇所ネジで固定。 ・壁に掛けるための…

続きを読むread more

■ランタン: コールマン/センテニアルランタン[200B643J]

○  「限定品」という事よりは、赤xシルバーの色合いが気に入っている。 X  特になし。 購入価格: 13,464円(定価: 15,750円) 2001年に購入。コールマン(本社)の創立100周年を記念して発売されたモデル。シリアルNo.入り。 当時「限定」には拘りはなかったが、欲しいタイミングに、たまたま気に入…

続きを読むread more

■テーブル&イス: コールマン/ピクニックベンチセット

○ イスにテーブルをきっちり収納できるスペース効率は抜群、取り外して洗える(洗っている)座面も◎ X フレームはオールアルミニウムながら、全体の重量はそこそこ重い 購入価格: 10,500円 2005年4月に購入。テーブルとしては2台目だが、重量(9.9kg)は別として、スクエアな形態が持ち運びに便利で、机+椅子と…

続きを読むread more

■ジャグ: コールマン/1ガロン ジャグ

○  保冷力もあり、多めに水分補給が必要な運動時に適している。中を洗浄でき清潔。ハンドルは持ちやすい。 X  個々に水筒を持つ機会が増え、使用頻度は減っている。 購入価格: 1,000円程度 「キャンプ道具」というよりは、「スポーツ用品」の一員。スポーツドリンクを冷やして入れるのにちょうど良い。 最近では子供達の…

続きを読むread more

■シャワー: コールマン/キャンプシャワー5G

○  小さく折り畳める。取手・蛇口・栓・素材も丈夫で長持ちしている。 X  水を満タンにすると多少持ちづらい。 購入価格: -円($11.14) 2006年、海外で購入。日本非売品。 海にキャンプによく持って行くアイテム。海では水源があれば「海の家」の代わりに、キャンプではちょっとした入浴代わりとして、洗髪もでき…

続きを読むread more

■ジャグ: コールマン/ウォーターキャリア5ガロン

○  安価、軽量、蛇口が使いやすい開栓タイプ。 X  持ち運び、収納共に場所をとる。タンク内を洗浄できない。 購入価格: 1,785円(定価: 2,520円) 2002年頃の購入。現在は廃盤。容量:19L/重量:0.8kg、硬すぎず・軟らかすぎない素材が水タンクに適している。蛇口は水道タイプなので、子供でも容易に使…

続きを読むread more

■クーラー用アクセサリー: コフラン/クーラードライ

○  ”このためだけに生まれた商品”という魅力 X  あまり解説を必要としない、その用途が悲しい 購入価格: 418円($3.99) 2009年8月、海外で購入。先の「クーラーライト」と同様に名前もシンプルだが、商品の用途・内容もシンプルである。

続きを読むread more

■クーラー用アクセサリー: コフラン/クーラーライト

○ 価格の割りに、すごく高機能な商品。ライトの点き方も美しい。 X 今のところ特になし。 購入価格: 941円($8.99) 2009年8月、海外で購入。以前よりアウトドア雑誌で取り上げられていて狙っていた久々にワクワクする商品。 この商品は、クーラーボックスの蓋の裏に貼り付け、蓋を開けると、その開いた…

続きを読むread more

■クーラー: コールマン/パーソナル10

○ 簡単なイベント事に飲み物を持参するのに便利。 X キャンプ/BBQの食材を沢山入れるのには小さすぎて適さない。 購入価格: 3,140円(定価: 3,570) 2001年頃の購入。スポーツをする時に、缶・ペットボトルの飲み物を入れて持参するのに使用。 初代のクーラーボックスだが、現在は3番手。 当時…

続きを読むread more

■クーラー: コールマン/アルティメイト エクストリームソフトクーラー35L

○ ソフトクーラーならではのコンパクトな収納。ショルダーベルトが付き持ち運びも容易。 X 蓋の開閉が不便。白い蓋は汚れやすい。 購入価格: 5,680円(定価: 6,300円) 2009年8月購入。2番手のクーラー。今年からカラーが変わった新商品。 ハードクーラーと比べて弱まる保冷力を考慮して、最上級グレー…

続きを読むread more

■クーラー: コールマン/アイスバスケット28(レッド)

○ 中身を満タンにしても自力で持ち運べ、収納するにも程良いサイズ。 X 真夏以外や1泊程度のキャンプならソフトクーラーで十分。 購入価格: 3,675円(定価: 5,250円) 2004年5月購入。サイズ: 49x29x33cm/容量: 26L/重量: 2.7kg 小さすぎず大きすぎもせず、最初のクーラーボ…

続きを読むread more

■スコップ: キャプテンスタッグ/炭用スコップ

○ 先端が平らなため、使用後の炭を掃除する際、掻き集めるのに適している X 裏のチューブ上の部分に錆がでてきている。 購入価格: 600円程度 特に無くてもいいアイテムだが、炭を大きく掘り起こしたり、後片付けの際にあると便利。 最近では同じくらいの値段でステンレス製の物もあるので、錆を考慮すると、そちらがお…

続きを読むread more

■トング(炭用): サウスフィールド/チャコールトング

○ 炭火をいじるのには必要なアイテム X 二本も要らない 購入価格: 525円(1本は不明) 写真上の物は購入、下のは貰い物。炭火料理には1本は必要である。 炭をグリル等に投入する時は、軍手をした手で入れるのが効率良い。 食材を扱うトングとは先端の形状も異なり、長めのつくりである。 下の写真のとおり、…

続きを読むread more

■鞴(ふいご): サウスフィールド/BBQファン

○ 誰もが面白がって一度はやってみたくなる、その話題性。ペッタンコで場所を取らない。 X 特にすごく威力があるわけではない。 購入価格: 523円 これも使ってみたい一品として、趣き重視で購入。昨今、炭火を煽るアイテムとしては、電池式の物や、ハンドルを回すタイプの物があるが、これらじゃ雰囲気がなく楽しめない。…

続きを読むread more

●製作: 火吹竹

竹を使って炭火を吹く『吹き竹』を製作。 部材: 0円 ・二節分の竹を用意。片方の端は節を残し、もう片方は節の手前で切る。(上写真の下にあるのは市販の鞴) ・真ん中の節は長いドリルで砕く。 ・節を残した方にドリルで小さな穴を開け、もう一方の口にあたる方はラバーのパッドを切り抜いて貼り付ける。 これでBBQをすると雰囲…

続きを読むread more

■グリル: キャンピングフィールド/簡単グリル

○ 小さく収納できて、簡単な焼き物には便利。大きくないので洗う手間も少ない。 X  華奢なので重い物は乗せられない。 購入価格: 399円 シーズンオフにスポーツショップの片隅で売られていた掘り出し物。定価は1,000円弱。 最初に使った時、ダッチオーブンを乗せたら見事に潰れた。当然か・・。3段階に網の高さを調整…

続きを読むread more

■スタンド: サウスフィールド/フォールディング グリッドスタンド

○ 鍋や鍋蓋等のちょっとした物を置くのに便利 X 開いた足が固定できると安定感が増して良い。JETBOILで下から火をあてたらフレームが曲がった。 購入価格: 498円 こうした収納に場所を取らない台は重宝する。一方で耐熱温度が高くないのか、写真にあるような本来の使い方(パッケージのイラスト)では不安を覚えるが、こ…

続きを読むread more

■焚火台: コールマン/ステンレスファイアープレイスM

○ 本体・足までコンパクトに折り畳め、組立ても簡単。豪快な焚火を楽しめる。 X やや大きすぎる。フレームを固定する留め具が熱で曲がり、ペンチなどで曲げを戻す事になる。 購入価格: - 円(定価: 22,890円) とある懸賞で当選した商品。この「M」は2008年の新商品で、従来は全体に10cmほど小ぶりな「ステンレ…

続きを読むread more

■ガソリン抜取道具: コールマン/ガソリンリムーバー

○ ポンピングの動作でガソリンを簡単・安全に抜き取る事ができる X あまり使わなくなる 購入価格: 不明(定価: 1,575円) こうしたガソリン関係の道具は、ついつい便利に思え最初に一揃え購入してしまいがちだが、実際はあまり使用していない。「フューエルファネル」を使ってもガソリンを缶に戻す事もできるので、一番いら…

続きを読むread more

●製作: コーヒー缶で灰皿

illyのエスプレッソコーヒーの缶を使用して灰皿を製作 部材: 0円 ・illyのコーヒー豆が入っている缶は蓋もしっかりしており、以前から何かに使えないかと複数残していた。 ・ドリルで蓋にタバコ1本分程度の穴を開け、その部分の密閉性を高めるため磁石でフタをする。 ・愛嬌で、磁石の上に不要になった車のシガーライターを接着。…

続きを読むread more

■ガソリン: コールマン/純正ホワイトガソリン1L缶

○ 1・2泊程度のキャンプに携行するのに便利なサイズ X 特になし 購入価格: 734円 ホワイトガソリンを4ℓ缶で購入して、この1ℓ缶に小分けにして使っている。 「フューエルキャリーケース」に入れるのにも丁度良いサイズ。 現在は1ℓ・4ℓ缶共に「エコクリーン」と…

続きを読むread more

■ガソリン充填道具(フィラー/ファネル): コールマン/ガソリンフィラーⅡ+フューエルファネル

○ 両方とも給油時に満タン状態で止まる賢い製品 X 買うのは、どちらか1つで良い 購入価格: 不明(定価: 1260円+945円) 両方ともランタン、バーナー等にガソリンを給油する道具で、なぜ両方持っている・必要だったかは不明。 あえてどっちが良いかと言うと、価格差もあまりなく、安全面で「ガソリンフィラーⅡ(写真…

続きを読むread more