■ライター: コールマン/充填式ガスライター

○ 意外と頑丈なボディと確実な着火、ガス充填式であること X 特になし 購入価格: 不明(定価: 735円) ロック機能も備わり誤作動がなく安全。本体のプラスティック部分も丈夫で長持ちしている。 最近、キャンプ場では腰に差して肌身離さず持っている。ランタン、バーナー類、タバコの着火には便利である。 2007年よ…

続きを読むread more

■シングルバーナー: JETBOIL(ジェットボイル)/PCS(パーソナルクッキングシステム)

○ 軽量・コパクト。売り文句のとおり素早く湯が沸かせる。燃焼効率(燃費)が良い。 X  現在売られているモデルの様に、五徳やスタビライザー(ガスカートリッジの台座)が付属していない。 購入価格: 10,621円 2007年、海外で購入。日本で買うより5,000円程度安かった。「スポーツスターⅡ」と比べ、自動着火なの…

続きを読むread more

■シングルバーナー: コールマン/スポーツスターⅡ

○ 様々な環境での安定した火力と、鍋等を置いた時の安定感 X  ツーバーナーを持つと出番が減る 購入価格: 5,240円(定価:8,400・現在) 購入は恐らく2000年頃、「パワーハウスLPツーバーナー」より前。これは"定番"と思い早々に買った記憶がある。当初はゲレンデでコーヒーを沸かしたり、常にアウトドアには連…

続きを読むread more

■ケース: コールマン/マルチツーバーナーケース

○ 収納力抜群、ツーバーナー(LP)を入れても他にたくさん入れられる。生地が丈夫。 X 「ハイスタンド」を固定するベルト、付属のクッキングツール用ケースは特に必要ない。 購入価格: 15,800円 (パワーハウスLPツーバーナー+デラックスハイスタンドとのセット料金) 円 2002年4月購入。2003年から現在も…

続きを読むread more

■グリル: コールマン/グリドルⅡ

○ 薄く軽量、持ち運びに良い。鉄板表面はフッ素加工が施され焦げつきにくい。 X もう少し縁の高さがあると、炒め物をする際に食材がこぼれなくてすむ。 購入価格: 3,654円 2003年頃の購入。それ以降取扱いはないようである。 焼きソバを作るのに頻繁に使う。ツーバーナーの上に乗るサイズに作られており、1枚の鉄板の…

続きを読むread more

■焼き網: コールマン/ブロイラーバスケット

○ 食材を網に挟んで、そのまま表裏を焼くことができ便利。取手がある程度は伸縮するので収納もかさ張らない。 X 網面が多いので洗うのは少し大変。 購入価格: 不明(1,000程度) 4年程前に海外で購入。アメリカの”BBQ”の雰囲気があり衝動買い。 ハンバーガーの肉を焼くのに使うが、魚など身がくずれやすい食材にも適…

続きを読むread more

●修理: ウールリッチ折り畳み式イスの足カバー

以前に書いたウールリッチのイスを修理。 部材: 315円 ・今回使用としたのも前回同様、和気産業の「イスキャップ」、内径24mmの茶色。<写真左> ・穴の開いてしまった旧イスキャップ<写真右上>で型を取り、手元にあった革を丸く切り抜く<写真右下> ・イスキャップの中に革を入れ、イスの足…

続きを読むread more

■テーブル(小型): コールマン/ミニアルミテーブル

○ 軽くて、フレーム・天板が丈夫、汎用性が高い X あまり支障はないが、サイドの留め具が曲がりやすく、畳む際に引っかかる 購入価格: 確か1,000円程度/個 2003年頃、コールマンのファミリーセールにて購入。購入当時は家の中で子供のお絵描きなどの机として使用。 現在は、その役目を終え、ようやく屋外に持ち出して…

続きを読むread more

■タープ: コールマン/バックヤード ワイドスクリーンシェード

○ フレームがアルミで軽量、且つ収束式なので組立て・撤収がとても簡単。フルスクリーンは横からの日差しも遮る。 X 唯一の欠点は収納時の長さ(約130cm) 購入価格: 21,600円(定価: 34,650円) 2005年9月購入。この年の新商品だが、2007年にはカタログから落ちている。良い商品ながら短命だったのは…

続きを読むread more

■ドリンクホルダー: コールマンと不明

 ○ イスの傍らに飲み物を置ける  X イスから出っ張り、イスの横を通る時にぶつかる。イスへの取付け・外しがやや面倒になってきて、最近では全く使っていない 購入価格: 不明(定価:900円程度) 最初に薄い緑色のを2つ購入(ロゴがないが、たぶんイスと合わせてウールリッチだったと思う)、その内1つの固定部分のナットを紛失し使…

続きを読むread more

■バーナー: SOTO(新富士バーナー)/フィールドチャッカー

○ 確実に炭の着火ができ、商品自体の信頼性は高い X 特になし 購入価格: 1,480円 まだ本品の使用は2回だが、初代もSOTO製品の「フィールドチャッカーII」を使用しており、安定した火力に満足していたので、二代目も同じメーカーの物を購入最初の頃は炭の着火に着火剤も併用していたが、これ1本で十分である。 SO…

続きを読むread more

■ケース: コールマン/フューエルキャリーケース(レッド)

○ 程よい仕切りもあり、燃料系の物がうまく収まる。この赤モデルは安価 X 特になし 購入価格: 980円 この”レッド”は確かゼビオのオリジナル商品で、コールマンのカタログに掲載されているのを見た事がない。カタログに載っているのは、”グリーン”で、コールマンのロゴも刺繍になっており、質はワンランク上。外側の生地もや…

続きを読むread more

■バーナー: コールマン/パワーハウスLPツーバーナー(レッド)

○ ホワイトガソリンのツーバーナーに比べて場所を取らず、点火までの作業が容易である X 着火するライターのような部品の取付けが悪く外れる。点火時、ガスをフルに出し切った状態までツマミを回さないと点火できないのが難点 購入価格: 15,800円 (マルチツーバーナーケース+デラックスハイスタンドとのセット料金) 20…

続きを読むread more

■サンシェード: コールマン/サンシェードST

○ 海辺での使用は勿論、ちょっとしたイベント事で日陰をつくるのに最適。収納サイズはコンパクト。 X 日除け部分の高さが低く、大人が出入りするのには段々と億劫になってしまい、ついつい荷物置き場になりがち。 購入価格: 4,179円 (定価: 7,350円) 2002年頃の購入。その後現在まで「サンシェードMX」という…

続きを読むread more

■イス(中型): コールマン/アルミスツールセット

○ 折り畳み時に平らな状態となり収納がとてもコンパクト。水のタンクを乗せるのに良い高さ X 腰高のせいか恐ろしく強度に欠ける。2個セットの1個は足が折れ、残った1個は人が座るのは無理なほどヨレヨレ 購入価格: 2,980円(定価5,775円) 残念ながら、この商品には恵まれなかった。使っているうちに横方向の強度がな…

続きを読むread more

■テーブルクロス留め: コールマン/テーブルクロス クランプス

○ ステンレス製で強度があり、シンプルな構造 X いかんせんテーブルクロスの出番が少なく、本品もあまり使用できていない 購入価格: 200円程度 2代目テーブルクロス留めとして海外で購入、先のプラスティック製に比べて装着時の本品部分(テーブル面)の段差も少なく十分満足のいく一品。シンプルな構造は収納時も下記写真のよ…

続きを読むread more

■テーブルクロス留め: コールマン/テーブルクロスクリップ

○ 特にナシ X あまり使用していないのに、固定する部分のバネは外れ、それを支える部分のプラスティックが折れた 購入価格: 不明(定価: 525円) 小さく簡単に装着、テーブルクロスをしっかり固定してくれるが、4つある内の2つが直ぐに破損。驚くほど強度のない商品だった。

続きを読むread more

■テーブルクロス: セサミストリート

○ ロール式テーブルの凸凹を多少緩和するのに良い。ビニール製で汚れを落とすのが容易、テーブルの汚れ防止にも。 X テーブルクロスをして食事をする余裕もなく、ついつい使うのが忘れがちに。 購入価格: 数百円 子供の食卓を彩るのに購入。アルミロールテーブルに使用するとテーブル隙間に入る汚れも防げる。 ついつい面倒臭く…

続きを読むread more

■イス(小型): コールマン/ハンディチェア

○ スッキリとしたデザインが良い、赤い色も気に入っている X シートの張りが少し弱く、フレームも剛性感が足りない印象 購入価格: 500円 2008年6月購入。鮮やかなレッドと、フレームのシルバーの色合いが良い。座った時に、タテ・ヨコに少しグラつく感じがある。 コールマン ハンディチェア 【お買い得商品】【…

続きを読むread more

■イス(小型): キャンパーズコレクション

○ 座面の張り具合を3段階に調整でき座り心地良い X 写真のとおり劣化により破損 購入価格: 400円 このタイプのイスは低い姿勢で焼き物等の調理をする時に重宝する。台形の収納ケースに入れ、かさ張らないのでキャンプには大抵複数持って行きBBQグリル付近にポツポツと配置する。購入直後の一時期に日差しの強いベランダで使…

続きを読むread more

■コット: WILD1/アルミGIベッド

○ 製品の質感は高く、とても安価。使い勝手が良く登場場面は多い X しいて言えば、収納ケースだけは値段相応な印象 購入価格: 5,800円 WILD1のオリジナル商品、2008年5月購入。何年も前から「ベンチ」ではなく「コット」を欲しいなと各製品を見比べていたところに、WILD1で本製品と出会う。GIコットでは1万…

続きを読むread more

■イス(子供用): LOGOS/ミッキーキャプテンチェア

○ ミッキーマウスは差し引いても、グリーンのデザイン、ウッド調の肘掛け、座面と背もたれのロック機能(写真では分かりづらいが黒い部分)が気に入っている。イス自体の安定感も非常に良く、折り畳み時に”ぺっしゃんこ”になり持ち運びに困らない X 特にないがフレームにアルミを使ったら満点だった 購入価格: 1,554円 7年…

続きを読むread more

■イス(子供用): コールマン/ミニキャプテンチェア

○ 小型・軽量、車載時も荷物の隙間に納まる X 軽量故か、子供が小さい時はバックドロップ状態で後方に引っくり返る事があった 購入価格: 恐らく1,500円程度(記録なし) 5年程前にコールマンのファミリーセールで購入。キャンプやBBQの時は友人家族数組と行く事が多いが、子供達約10名は皆集まって、この高さ(座面高2…

続きを読むread more

■イス: ウールリッチ

○ どこのメーカーでも、このタイプのイスは座面・背もたれ共に布の張りが良く、フレームもしっかりしているので、座り心地は収束型のイスに勝る X 一方で、イスの「サイドフレームの4角形+背もたれのフレームの長さ」がほぼ収納サイズとなるため収納スペースはかさ張る 購入価格: 3,140円/個 このイスも購入から10年程経…

続きを読むread more

■マット: サーマレスト/PRO LITE4 Regular+STUFF SACK4(収納袋)

○ 寝心地・収納性共に抜群、この分野で最も注目しているブランド X 元々安くはないが、日本で購入すると更に高価 購入価格: マット $99.99(11,802円)/収納袋 1,680円 約2年前に海外で購入。探していた商品なので、スポーツショップの棚に埃まみれで置いてあったのを見つけた時は、やや感動。2年間使用して…

続きを読むread more

■テーブル: コールマン/ツーウェイアルミロールテーブル4

○ 車に載せっ放しでも良いくらい軽量・コンパクト、使用頻度は高い X 座卓として使用する際に、机の足に土・砂が入るのが少しだけ気になるところ 購入価格: 5,651円 2001年頃に購入、我が家の初代のテーブルとなる。使用サイズ:天板が75cm四方、高さを70/28cmの2段階にできる。収納サイズ:Φ16x76cm…

続きを読むread more

■寝袋収納ケース: コールマン/スリーピングバッグ キャリーケース

○ 開口部が広く、大きな寝袋も簡単に収納できる。 X 2箇所のコンプレッションベルトは寝袋胴体の2箇所のみ圧縮するもので全体的な寝袋の”小型化”にはつながらない。 購入価格: 500円程度 先に紹介した初代ウールリッチの寝袋ケースが破損してきたのと、入れ辛さから本品を購入した(写真右)。入れやすくはなったものの根本…

続きを読むread more

■枕: コールマン/キャンプピローM

○ 収納ケースに小さく収まり場所をとらない。ケース底面と同じ起毛素材が心地よい。 X この厚み・収納サイズで縦横にもう少し大きいサイズだと良い。 購入価格: 605円/個 2005年4月に購入。カラーは写真左から<パープルxグリーン>、<レッドxオレンジ>。2004年から<ストライプ>と併せて3色がカタログに掲載さ…

続きを読むread more

■寝袋: コールマン/スクールマミー 12 <ピンク>

○ 子供用なので当然コンパクト、車に載せる際もあらゆる隙間に収まる X 子供いわく特に不満な点はないそうだ 購入価格: 1,680円/個 2005年4月、まだ子供達が寝袋の半分くらいの身長の時に購入。マミー型で気温12℃まで対応だが、寝相の悪い子供がすっぽりミイラになって寝ているのは今だ見たことはない。持ち運び・収…

続きを読むread more

■寝袋: LOGOS

○ ある程度コンパクトに収納可能 X 「寒い」事があるようなので、恐らく薄手にできている 購入価格: 3,000円程度だったかな カミさんの使用している寝袋のため使い勝手・仕様も良く分からないが、初心者向けのモデルだと思う。同じく10年程使っており、また時折寒そうなので、そろそろ買い替えかな。

続きを読むread more

■寝袋: ウールリッチ

○ 裏地の肌触りは心地良い。寝袋自体と収納袋にもブランドのワッペンが付いているのは◎ X 収納サイズが巨大なのが難点、収納袋に入れるのは一苦労 購入価格: 不明 キャンプを始めた頃に何も考えずに購入して10年程度使用、良く活躍したが付属の収納袋は縫い目が避けたり、ショルダー・ストラップが破れたりしたので、ここ数年は…

続きを読むread more

■寝袋: ノースフェイス/アレゲーニー

○ とにかくコンパクトで軽量(前のと比べたら特に・・)、肌触りも柔らかい感触 X いまのところナシ 購入価格: 7,982円($79) 今年8月に海外で購入、初代ウールリッチの寝袋(写真下)が相当巨大だったため、以前より買い替えを検討中だったところに、ノースフェースで性能もそこそこ、1万円を切る値段の寝袋を発見した…

続きを読むread more

■テントマット: ウールリッチ

○ 付属の袋の口にコンプレッションベルトも備わりコンパクトに収納できる X 折り畳む部分の表面の薄いビニールが剥がれてきており質感に劣る 購入価格: 確か1万数千円(テントとのセット料金) テントとセットで購入した際に付属していたマット。サイズ275x275cmとりあえずテントと同時に出動するが、マットの厚さ自体は…

続きを読むread more

■テント: ウールリッチ

○ 2本のポールで4角を固定する設営が簡単なタイプ X 特に不自由はないが、最近のテントのようにキャノピーはなく、室内高も高くはない 購入価格: 確か1万数千円(テントマットとのセット料金) 購入は約10年程前、キャンプを始めたばかりの頃。最近では寝袋やランタンまでセットにされた初心者向けの「テントセット」が売られ…

続きを読むread more