テーマ:BBQグリル

●修理: オーバルチャコールグリルの灰受け部 [部分改良]

灰受け部分が錆びて穴開き、破れた状態になってしまったコールマン/オーバルチャコールグリル を補修してみる、あくまでも簡易的な対応だが。 使用したのは蚊取り線香の缶。蚊取り線香の缶の取っ手の穴(左右)にS字フックを掛け、グリルの足に引っ掛ける。 従来の灰受け部は、スライド式の風量調整機能が備わっていたが、”金鳥”あくまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■グリル: コールマン/オーバルチャコールグリル

○ 木製の取手や全体にBBQらしい趣きのあるデザイン。多少の焚火や、蓋付きなのでスモークも可能。 X 分解しても収納はかさ張る。このサイズの交換用焼き網が売られているのを見たことがない。 購入価格: 2,980円(定価: 3,500円) 2001年に購入。その1-2年後に廃盤となる。BBQするなら、こんな形のモノだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■スコップ: キャプテンスタッグ/炭用スコップ

○ 先端が平らなため、使用後の炭を掃除する際、掻き集めるのに適している X 裏のチューブ上の部分に錆がでてきている。 購入価格: 600円程度 特に無くてもいいアイテムだが、炭を大きく掘り起こしたり、後片付けの際にあると便利。 最近では同じくらいの値段でステンレス製の物もあるので、錆を考慮すると、そちらがお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■トング(炭用): サウスフィールド/チャコールトング

○ 炭火をいじるのには必要なアイテム X 二本も要らない 購入価格: 525円(1本は不明) 写真上の物は購入、下のは貰い物。炭火料理には1本は必要である。 炭をグリル等に投入する時は、軍手をした手で入れるのが効率良い。 食材を扱うトングとは先端の形状も異なり、長めのつくりである。 下の写真のとおり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■鞴(ふいご): サウスフィールド/BBQファン

○ 誰もが面白がって一度はやってみたくなる、その話題性。ペッタンコで場所を取らない。 X 特にすごく威力があるわけではない。 購入価格: 523円 これも使ってみたい一品として、趣き重視で購入。昨今、炭火を煽るアイテムとしては、電池式の物や、ハンドルを回すタイプの物があるが、これらじゃ雰囲気がなく楽しめない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■グリル: キャンピングフィールド/簡単グリル

○ 小さく収納できて、簡単な焼き物には便利。大きくないので洗う手間も少ない。 X  華奢なので重い物は乗せられない。 購入価格: 399円 シーズンオフにスポーツショップの片隅で売られていた掘り出し物。定価は1,000円弱。 最初に使った時、ダッチオーブンを乗せたら見事に潰れた。当然か・・。3段階に網の高さを調整…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■スタンド: サウスフィールド/フォールディング グリッドスタンド

○ 鍋や鍋蓋等のちょっとした物を置くのに便利 X 開いた足が固定できると安定感が増して良い。JETBOILで下から火をあてたらフレームが曲がった。 購入価格: 498円 こうした収納に場所を取らない台は重宝する。一方で耐熱温度が高くないのか、写真にあるような本来の使い方(パッケージのイラスト)では不安を覚えるが、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■焚火台: コールマン/ステンレスファイアープレイスM

○ 本体・足までコンパクトに折り畳め、組立ても簡単。豪快な焚火を楽しめる。 X やや大きすぎる。フレームを固定する留め具が熱で曲がり、ペンチなどで曲げを戻す事になる。 購入価格: - 円(定価: 22,890円) とある懸賞で当選した商品。この「M」は2008年の新商品で、従来は全体に10cmほど小ぶりな「ステンレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more